IPSJ (社)情報処理学会 ソフトウェア工学研究会
パターンワーキンググループ


* ホーム

* 設立趣旨

* タスク活動
実践タスク
研究タスク
学際タスク

* 公開リポジトリ

* 活動計画

* 関連イベント

* 告知登録

* リンク

* 参加者用資料

第5回 ソフトウェアパターン勉強会

[ 勉強会のページに戻る ]

第5回 勉強会は終了しました。 ご参加、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

第5回 勉強会 開催報告

日時: 2004 年 4 月 9 日(金) 19:00 - 20:50
会場: 日本アイ・ビー・エム(株)箱崎事業所 1階 AVルーム(ロビー・フロア奥)
主催: 情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループ
参加者: 34 名

第 5 回勉強会には、34 名の参加がありました。 前半は、9 つのグループに分かれて身近なパターンを書くワークショップを行ないました。 各グループの成果物の画像を以下に載せておきます。 些細なことの中にも見つけられていないパターンが眠っていることを実感していただけたようです。

後半は、 クリストファー・アレグザンダーの『パタン・ランゲージ』から 「モザイク状のサブカルチャー」を紹介していただきました。 アレグザンダーのパターンの完成度には毎度関心させられます。

プログラム コーディネータ: 天野 勝(永和システムマネジメント)
4月9日(金)
パターン体験: 「パターン綴り方教室 予告編」 (資料 PDF)
発表者:天野 勝(永和システムマネジメント)

   パターンに親しんでもらことを目的としたワークショップです. みなさんパターン使っていますか?もっとパターンが増えるとうれしくはないですか? パターンを増やすには,自分で書くことも必要でしょう. しかし, 一人で書くのはなかなか難しいし, 何を書けばよいのかも分からかったりするのではないでしょうか. そこで,このワークショップでは参加者同士で協力しあって, 身の回りのパターンを発見していきます.

成果物 (書かれたパターン):

パタンランゲージ紹介: 「クリストファー・アレグザンダーのパタンランゲージ紹介」
発表者: 羽生田 栄一(豆蔵)

   『パタン・ランゲージ』から毎回1〜数個をとりあげて考えていくシリーズの今回は4回目です。

以前の参加案内

このたび, 第5回勉強会を以下の要綱で開催することになりましたので, ご案内いたします. 今回のテーマは, 羽生田さんによる毎回好評の「パターンランゲージ紹介シリーズ」、 天野による「パターンの綴り方を体感するワークショップ」 です.

事前申込み不要,参加無料です。 是非皆さんの積極的なご参加をお願いします. なお、事前あるいは事後に連絡事項や配布資料等がある場合もありますので, パターンWGのホームページを適宜アクセスされることをお勧めします.

日時: 2004 年 4 月 9 日(金) 19:00 - 20:50
会場: 日本アイ・ビー・エム(株)箱崎事業所 1階 AVルーム(ロビー・フロア奥)
主催: 情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループ
参加費: 無料
参加方法: 事前の申し込みは不要です。 19:00 までに直接、会場にお越しください。
照会先: patterns-wg-seminar@fuka.info.waseda.ac.jp