IPSJ (社)情報処理学会 ソフトウェア工学研究会
パターンワーキンググループ


* ホーム

* 設立趣旨

* タスク活動
実践タスク
研究タスク
学際タスク

* 公開リポジトリ

* 活動計画

* 関連イベント

* 告知登録

* リンク

* 参加者用資料

第10回 ソフトウェアパターン勉強会

[ 勉強会のページに戻る ]

第10回 勉強会は終了しました。 ご参加、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

第10回 勉強会 開催報告

日時: 2004 年 11 月 19 日(金) 19:00 - 20:50
会場: 日本アイ・ビー・エム(株)箱崎事業所 1階 AVルーム(ロビー・フロア奥)
主催: 情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループ
参加者:

詳しい内容は、 をご参照下さい。

プログラム コーディネータ: 河合 昭男(オブジェクトデザイン研究所)
11月19日(金)

パターン言語:

無名の質と遠隔力-NY繁盛店舗視察に想う (資料PDF)
発表者: 河合 昭男(オブジェクトデザイン研究所)

   パターン言語の原点である「無名の質」に焦点をあて、「人を引きつける力」を「遠隔力」として考察する。この遠隔力はあらゆる"object"に存在する。店舗、製品、企業、場所、建築物、街そして人...これらに内在する「無名の質」が人を引きつける。同じ"object"に対して人により引力になったり斥力になったりします。この力の量はどのように決まるのか...

@IT連載「オブジェクト指向の世界」最新号「名前のない品質とパターン言語」をご参考ください。


パターンと要求:

スコープ確定プロセスのパターン - 要望獲得からフィルタリングまで (資料PDF)
発表者: 荒井 玲子 (日本フィッツ)

   「要求の誤りは高くつく」要求に対する仕様化技術などソフトウェア工学のアプローチは成果をあげている。しかし、現実のプロジェクトでは、要求が得られる前の段階に問題が多発しており、要望獲得からフィルタリングまでがシビアな問題となっている。

本講演では、要望獲得からフィルタリングまでに焦点をあて、この部分に対して効果のあったプロセスをひとつのパターンとして紹介する。

以前の案内

このたび,第10回勉強会を以下の要綱で開催することになりましたので,ご案内いたします. 事前申込み不要,参加無料です。 是非皆さんの積極的なご参加をお願いします.

日時: 2004 年 11 月 19 日(金) 19:00 - 20:50
会場: 日本アイ・ビー・エム(株)箱崎事業所 1階 AVルーム(ロビー・フロア奥)
主催: 情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループ
参加費: 無料
参加方法: 事前の申し込みは不要です。 19:00 までに直接、会場にお越しください。
照会先: patterns-wg-seminar@fuka.info.waseda.ac.jp