IPSJ (社)情報処理学会 ソフトウェア工学研究会
パターンワーキンググループ


* ホーム

* 設立趣旨

* タスク活動
実践タスク
研究タスク
学際タスク

* 公開リポジトリ

* 活動計画

* 関連イベント

* 告知登録

* リンク

* 参加者用資料

ソフトウェアパターン勉強会

ソフトウェアパターンについて一緒に学んでいきませんか? パターンワーキンググループでは、 ソフトウェアパターンの理解を深め、 パターン技術の普及や展開をめざして、 不定期に勉強会を開催しています。 どなたでもご参加いただけます。 終了した回の勉強会資料は、 本ページ最下部の こちらから ご参照いただけます。

第16回 勉強会

ソフトウェアシステムが果たす役割の増大に伴い、 品質要求に代表される種々の非機能要求を適切に記述し、 それを満足するように開発する取り組みの重要性が増しています。 アーキテクチャの設計は、 開発において非機能要求を組み入れる最初の主要な段階となります。 そこで今回は、これらの分野についてワーキンググループやIPA/SEC非機能WG等で活動している 鷲崎氏および羽生田氏より、 非機能要求の記述や、 アーキテクチャパターン等を活用したアーキテクチャの設計・評価について、 演習も交えてチュートリアルを実施します。

勉強会資料は、 勉強会前日までに本ページ上で公開いたします。 当日は、資料をダウンロードしてご参加ください。

日時: 2008 年 8 月 6 日(水) 19:00 - 21:00
会場: 株式会社フルネス セミナルーム, 東京都杉並区高円寺南4-44-3 マーキュリービル4F
地図: http://www.fullness.co.jp/img/map.gif
主催: 情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループ
参加費: 無料
参加方法: 下記まで Subject を「パターンWG 第16回勉強会 参加希望」としてお名前を ご連絡ください。 お申し込みが定員に達し次第、締め切らせていただきます。
申し込み先: patterns.wg [at] gmail.com ([at] を @ に置き換えてください)
定員: 30 名

プログラム コーディネータ: 長谷川 裕一 (株式会社フルネス)
8月6日(水)

チュートリアル
19:00-20:20

「非機能要求とアーキテクチャ設計・評価」 [資料1], [資料2]
発表者: 鷲崎 弘宜 (早稲田大学 / 国立情報学研究所)

   CMU/SEIが開発した一連のソフトウェアアーキテクチャ関連技術である品質シナリオ、 ADD (Attribute Driven Design)、ATAM (Architecture Tradeoff Analysis Method)、 および、関連手法を参考として、 非機能要求の記述からアーキテクチャの設計と評価に至る手順と方法を、 演習を交えて紹介します。


解説
20:30-21:00

「非機能要求記述ガイドライン」[資料]
発表者: 羽生田 栄一 (豆蔵)

   IPA/SECエンタープライズ部会非機能要求とアーキテクチャWGではこのほど、 効率性と回復性を例として非機能要求の記述フォーマットや記述方法を まとめた非機能要求記述ガイドを公開しました。 その内容を紹介します。

これまでの開催報告