IPSJ (社)情報処理学会 ソフトウェア工学研究会
パターンワーキンググループ


* ホーム

* 設立趣旨

* タスク活動
実践タスク
研究タスク
学際タスク

* 公開リポジトリ

* 活動計画

* 関連イベント

* 告知登録

* リンク

* 参加者用資料

設立趣旨

2003 年 4 月より、情報処理学会ソフトウェア工学研究会(IPSJ/SIGSE) において、国内のパターン活動関係者を中心として以下のような趣旨で パターン・ワーキンググループを立ち上げる予定です。

○目的

日本における、ソフトウェアパターンの適切な普及と個人・組織・ソフトウェアコミュニティの各レベルでのあらたなナレッジの蓄積・共有の枠組みの確立への貢献をめざすとともに、ソフトウェア工学の観点からソフトウェアパターンを見直し研究テーマとしても確立することを目指す。

○主査(予定)

羽生田(豆蔵)、なお副として金澤(フリーコンサルタント)、鷲崎(早大)を予定
またアドバイザとして青山(南山大)他を予定

○スケジュール

2年を目処に最初の活動を予定

  • 4月 各タスクごとにメンバー募集
  • 5月 WG設立記念セミナー開催

    各タスクの活動開始

  • 8月 OOシンポのパターントラックでの貢献
  • 1月 ウィンターワークショップでのパターン関連企画
  • 3月 報告書、次年度活動へのフィードバック

○タスク案(予定)

現在、以下の3タスクを立ち上げる予定で準備中です。

◎(実践タスク)「企業内でのパターンの実践とナレッジマネージメント」
中核:細谷(東芝ソリューション)、佃(日立)、森下(CAC)

◎(研究タスク)「ソフトウェア工学とパターン研究タスク」
中核:鷲崎(早大)および以下のリストのメンバー

◎(学際タスク)「パターンランゲージの原点を学際的に探りその可能性を再発見する」
中核:井上(横河)、羽生田(豆蔵)、青山(南山大)