パターン7:段階的な補充

   

 

問題:

最初の専門家以外に長期のスタッフを雇う。

コンテキスト:

プロジェクトのキーとなる人を雇うことができ、必要な専門知識はカバーしたが、プロジェクトはもっと多くのスタッフを必要としている。

影響する事柄:

プロジェクト遂行のために、組織としての最低限の人を必要としている。

スタッフは、うまくフィットしないし、交換もできない。

最初の適切な人々の集まりがプロジェクトの気風を決める。キーとなる人を最初に雇うことは重要である。

早い時機に人が多すぎるとコアチームの負担になる。

解決策:

採用計画を段階的にしなさい。専門家を最初に雇い、プロジェクトが成長するにしたがって人を増やしなさい。

結果として生じるコンテキスト:

組織は開発負荷に合ったスタッフィングができる。このパターンは見習いのパターンに関連する。

論理的根拠:

これはよく知られたマネージメント上のテクニックで、これにより、組織は早い時期に独り立ちし、着実に成長することができる。