「ソフトウェアパターンと品質」ワークショップ - SPAQu'07 に向けて
タイム24ビル, 東京お台場, 8月28日(火), 2007
collocated with ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2007 (SES2007)


* SPAQu'07

* APSEC 2007

* SES2007

概要

  日時: 2007年8月28日(火) 17:30-19:30
  場所: タイム24ビル 2階 会議室B(東京お台場)
         SES2007 の会場・未来館からタイム24ビルまで徒歩数分です。
  主催: 情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループ
         国立情報学研究所 SSE プロジェクト

ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループと国立情報学研究所 SSE プロジェクトは共同で、12月に開催される国際会議 APSEC 2007 に併設して ソフトウェアパターンと品質に関する国際ワークショップ SPAQu'07 を開催します。 SPAQu'07 では、パターンがもたらす品質、パターン自体の品質、セキュリティ パターン等の品質に特化したパターンなどについて幅広く議論します。

「ソフトウェアパターンと品質」ワークショップでは、パターンと品質について 国内における取り組みの活発化、さらには SPAQu'07 への積極的な投稿を期待し、 これらのトピックについての各自の考えや立場、途上の取り組みなどを持ち寄り、 互いに意見交換、および、それぞれの発展に向けた議論を行います。 なお本ワークショップでは各発表資料を印刷・配布しません。

プログラム(予定)

  • 17:30-17:40 趣旨説明
  • 17:40-19:00 ポジション発表と討議: 1人あたり10-15分程度
  • 19:00-19:30 まとめ

参加方法

参加を希望される方は下記の情報を 8月21日 までに spaqu _at_ sse-project.org 宛にお送りください。また、当日までにそれぞれの立場から立場/意見表明の スライド資料をご用意ください。各ポジション発表に基づき議論を進めていきます。

  • 氏名
  • 所属
  • 発表予定タイトル

運営

  問い合わせ先: spaqu _at_ sse-project.org
  オーガナイザ: 鷲崎弘宜、吉岡信和(国立情報学研究所)