IPSJ (社)情報処理学会 ソフトウェア工学研究会
パターンワーキンググループ


* ホーム

* 設立趣旨

* タスク活動
実践タスク
研究タスク
学際タスク

* 公開リポジトリ

* 活動計画

* 関連イベント

* 告知登録

* リンク

* 参加者用資料

お知らせ

[過去のお知らせ]

概要

2003年4月より、情報処理学会 ソフトウェア工学研究会(略称 IPSJ/SIGSE) において、国内のソフトウェアパターン活動関係者を中心として、 パターンワーキンググループ(以降、本ワーキンググループ)を立ち上げ、活動を開始しました。

ソフトウェアパターンとは、 ソフトウェア開発の様々な局面で繰り返し現れる状況について、 解決すべき問題と調節すべき制約、および、その解法を、 ソフトウェア開発に纏わる人々が解釈可能な形式で表した指針・定石です。 情報化社会の急速な発展に伴い、 ソフトウェアパターンを学び、用い、発展させることの重要性が増してきています。

本ワーキンググループは、 日本における、 ソフトウェアパターンの適切な普及と個人・組織・ソフトウェアコミュニティの各レベルでのあらたなナレッジの蓄積・共有の枠組みの確立への貢献をめざすとともに、 ソフトウェア工学の観点からソフトウェアパターンを見直し研究テーマとしても確立することを目指します。

詳しくは、設立趣旨をご参照ください。

活動内容

現在、以下の3タスクを立ち上げて活動を行なっています。
各タスクにおける活動成果は、リポジトリ上で広く公開して行く予定です。

  1. (実践タスク)「企業内でのパターンの実践とナレッジマネージメント」

  2. (研究タスク)「ソフトウェア工学とパターン研究タスク」

  3. (学際タスク)「パターンランゲージの原点を学際的に探りその可能性を再発見する」

最初の活動期間として、2003年4月から2005年3年までの2年間を予定しています。
詳しくは、活動計画 をご参照ください。

告知登録

本ワーキンググループが開催するイベント等のご案内を差し上げます。 受信を希望される方は 告知登録 のページよりメールアドレスのご登録をお願い致します。

問い合わせ先

E-mail: owner-patterns-wg@fuka.info.waseda.ac.jp

パターンワーキンググループ主査・幹事

主査: 羽生田 栄一 (豆蔵)
幹事: 金澤 典子 (独立コンサルタント), 鷲崎 弘宜 (早稲田大学), 井上 健 (横河電機), 佃 軍治 (日立製作所), 細谷 竜一 (東芝ソリューション), 森下 民平 (シーエーシー)
アドバイザ: 青山 幹雄 (南山大学)